MENU

髪の毛の補修に良い食事

髪の毛がダメージを受けてしまった場合、髪の毛を補修するためにさまざまなケアを行う必要があります。ここでは、その中でも食事で髪の毛を補修する方法を紹介していきます。

 

【髪の毛はタンパク質でできている】
まずは髪の毛を構成する成分を見ていきましょう。髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質で、その割合は実に90%以上を占めます。つまり髪の毛はケラチンでできていると言っても過言ではありません。ケラチンというと皮膚などを構成する成分であると知られていますが、髪の毛も皮膚が変化したものとなっているため、主成分が似ていることになります。

 

【髪の毛を作るためにはタンパク質が必要】
正常な髪の毛を作るためには最低限のタンパク質が必要になります。人間は食事によって栄養素を補給していますので、きちんとした食生活が必要不可欠です。また、ケラチンはシスチンと呼ばれる成分を含んでいます。このシスチンはメチオニンから合成されるのですが、メチオニンは体内で生成することができません。つまり、メチオニンは植物などから直接摂取しなければならない必須アミノ酸ということになります。このメチオニンは大豆や牛乳、レバーなどにたくさん含まれていますので、積極的に摂取することをおススメします。

 

【お酒の飲みすぎには注意】
ここでシスチンはアセトアルデヒドと呼ばれる毒素を分解する際に使用されます。このアセトアルデヒドはお酒に含まれる成分となっていて、過度な飲酒はシスチンを消費することにつながってしまいます。髪の毛のことを考えるのであれば、飲酒はなるべく控えた方が良いということになります。また、網膜の疲れを感じた時にもシスチンは消費されると言われています。

 

良い髪の毛を生み出すためには食生活にも気を遣う必要があります。ただし、過度な摂取を行っても体内に取り込まれないため、あくまで必要量の摂取が大切ということになります。

このページの先頭へ