MENU

髪の毛と生活習慣の関係

髪の毛のことを気遣うなら、毎日の生活習慣から気を付けなくてはなりません。ここでは、髪の毛にとって悪いとされる生活習慣に関して、紹介していきたいと思います。

 

【髪の毛に悪いとされる生活習慣】
髪の毛の成長は生活習慣と深い関わりがあります。特に髪の毛の成長を遅くする習慣は以下のものが挙げられます。

 

@睡眠不足(夜更かし)
睡眠はお肌にとって欠かすことのできない行為です。睡眠中は成長ホルモンが一番分泌される時間です。特に夜10時〜夜中の3時まではお肌のゴールデンタイムと言われていて、この時間に熟睡することが大切です。

 

A栄養不足
髪の毛の成長には栄養が必要です。もしも栄養不足に陥ってしまうと、毛細血管によって運ばれる血液に栄養素が含まれず、髪の毛がうまく成長することができなくなってしまいます。人間の体は心臓などの重要な臓器から栄養素を送るようにできているため、髪の毛の成長は必然的に優先度が低くなってしまいます。

 

Bストレス
ストレスを感じると自律神経に乱れが生じ、皮脂の分泌や血行に影響を及ぼします。皮脂の分泌量は頭皮環境を守るために必要で、血行は頭皮への栄養補給に必要となります。ストレスを感じないことは現代社会においてなかなか難しいこととなりますので、定期的にストレスを解消できるように心がけることが必要です。

 

C喫煙
喫煙は肺ガンなどのリスクを伴うだけでなく、髪の毛への影響も懸念されます。例えばタバコに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があり、頭皮へ血液が運ばれにくくなってしまいます。一番は喫煙を控えることですが、いきなり絶ってしまうとストレスや禁断症状により、さらなるリスクが発生する可能性もあります。そのため、少しずつ減らすことが髪の毛のためにもなります。

 

髪の毛のためを思うなら、まず健康的な生活を送ることが大切になります。髪の毛のケアに重点を置かずとも、健康に気を遣っていれば、ある程度頭皮の状態を良くすることは可能となります。

このページの先頭へ