MENU

頭皮の健康状態を知る手段

髪の毛の健康を守るためには頭皮の環境を守る必要があります。しかし、頭皮環境はなかなか知るのが難しいものです。ここでは、頭皮の健康を知るためにできることを紹介していきます。

 

【頭皮の健康は色で分かる】
頭皮の健康を知るためには、自分の頭皮の色を確かめてみましょう。色別に頭皮がどの状態を知ることができます。ここでは頭皮の色別にどのような状態であるかを説明していきます。

 

@茶色の頭皮
頭皮が茶色である場合は、頭皮の血行が悪い可能性があります。髪の毛が成長するためには頭皮の毛細血管から栄養素を受け取る必要があり、血行が悪いということは髪の毛が栄養素を受け取ることができません。食生活の悪化やストレスなどさまざまな要因で血行が悪くなる可能性があります。まずは自身の生活習慣を見直してみましょう。

 

A赤色の頭皮
赤色の頭皮は炎症を起こしていることの証となります。頭皮は紫外線や熱に弱く、長時間浴びていると、頭皮が炎症を起こす危険性があります。炎症を起こすと頭皮の血行悪化につながりますので、結果的に髪の毛の成長を妨げることになります。市街対策を行う、刺激の強い香料は使用を控えるようにしましょう。

 

B黄色の頭皮
毛穴に皮脂が溜まると頭皮が黄色がかってしまいます。皮脂の過剰分泌は頭皮環境を悪化させ、炎症を発生させる危険性があります。皮脂の分泌はストレスや成果習慣の悪化で異常を発生させます。

 

Cピンク色の頭皮
ピンク色の頭皮は乾燥が原因となります。頭皮は通常皮脂によって乾燥から守られていますが、皮脂の過剰洗浄や紫外線などによって乾燥する可能性があります。頭皮にとって保湿は大切な要素となりますので、常に気を遣うようにしましょう。

 

頭皮は思っている以上にデリケートな部位となり、状態が悪化すると髪の毛の成長にも影響を及ぼします。美しい髪の毛を手に入れるためにも、まずは頭皮の健康状態を常に気にするように心がけましょう。

このページの先頭へ