MENU

スタイリング剤の種類と使い方

髪の毛をセットするためにスタイリング剤を日常的に使用している人は多いと思います。そこで、ここではスタイリング剤の種類とその使い方を簡単に紹介していきます。

 

【スタイリング剤の種類と使い方】
スタイリング剤にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは、スタイリング剤それぞれの利点と特徴を紹介していきます。

 

@ヘアムース
トリートメント成分なども含まれるヘアムースは、髪の毛にも比較的優しいスタイリング剤です。髪の毛全体に浸透させることができるので使いやすく、さまざまな用途に使用することができます。一方で、スタイリング剤としての保持力は他のタイプと比較して弱めとなっていますので、他の製品と併用して使うもの一つの手となります。

 

Aワックス
セット力が強く、自在にヘアスタイルを構築することができます。スタイリング剤としての保持時間も長く、修正もしやすいという特徴があります。ただし髪の毛の細方や乾燥髪の方など髪質の弱い方は注意が必要になります。また、頭皮へのダメージも比較的大きいため、頭皮などに直接塗らないことが大切です。

 

Bジェル
髪の毛の水分量を調整することができるので、髪の毛のパサつきを防ぐことができます。ジェルなのでワックスタイプと比較してもスタイリングが容易で、夏場などには重宝されるスタイリング剤となります。

 

Cヘアスプレー
セット力という面で言えば随一の力を持っています。きっちりとヘアスタイルを固めたい場合に使用されます。ただし直接髪の毛に使用すると髪の毛がダメージを受ける原因となってしまいます。あくまでほかのスタイリング剤を使用した後に、固めるものとして使用するようにしましょう。

 

スタイリング剤は自分の髪質やヘアスタイルに応じて選ぶことによって、髪の毛へのダメージを最小限に抑えることが可能となります。また、スタイリング剤は少なからず頭皮のダメージにつながりますので、シャンプーを行う際は入念に洗い流すようにしましょう。

このページの先頭へ