MENU

くせ毛の種類

髪の毛の性質には個人差があります。それはくせ毛にもいくつかの種類があるためです。ここではくせ毛の種類をいくつか紹介していきます。

 

【くせ毛の種類】
くせ毛と言ってもその性質にはいくつかの種類があり、大きく分けると3種類に分類することができます。ここでは、直毛を加えた髪の毛のタイプを紹介していきます。

 

@直毛
いわゆるストレートで、くせのない髪の毛を指します。髪の毛の断面は円形となっていて、髪の毛の内部にあるメデュラやコルテックスの分布が均一になっている状態です。日本人は直毛の割合が3割程度だともいわれており、実はくせ毛の方が圧倒的に多くなります。

 

A縮れ毛
縮毛と呼ばれるのがこの縮れ毛です。髪の毛を火で炙ったときのようにチリチリとした状態となり、くせ毛の中でも最も深刻な症状となります。髪の毛の性質としては非常に乾燥していて、膨らみやすいため整えるのにも非常に苦労します。

 

Bねじれ毛
捻転毛(ねんてんもう)と呼ばれるのがこのねじれ毛です。コイル状に髪の毛がねじれてしまい、ざらざらとした手触りと乾燥した性質を持っています。

 

Cうねり毛
波状毛(はじょうもう)と呼ばれるのがこのうねり毛です。うねったり波打ったりと髪の毛がさまざまな伸び方をする性質があります。髪の毛の断面は楕円形となっています。

 

【水に濡れた時の状態も個人差がある】
くせ毛は水に濡れた時に強くなるものと水に濡れた時にくせが強くなるもの、そしてその両方に該当するものと3種類があります。もしも自分の髪の毛がくせ毛かどうか気になる方は、一度自分の髪の毛を一本抜き、髪の毛を下に垂らしてみてください。その時に髪の毛がまっすぐ落ちていない場合は、多少たりともくせ毛であることになります。

 

くせ毛は自分が持っている個性の一つとなります。自分のくせに合っていないヘアスタイルは髪の毛の状態を悪くする可能性もあります。自分のくせの性質を理解し、それに応じたヘアスタイルを選択することも髪の毛を労わる方法の一つとなります。

このページの先頭へ